男性型脱毛症(若年性・壮年性脱毛症) 原因


Sponsored Link

休止期毛性脱毛症

男性型脱毛症(若年性・壮年性脱毛症)

原因

脱毛症に戻る

原因としては男性に対する優位の遺伝と考えられていますが、
直接の原因は還元酵素の5・α・リダクターゼⅡによって
男性ホルモンの一種のテストステロン(睾丸ホルモン)が
5・α・ジヒドロテストステロンに変化し、
ブドウ糖の代謝を阻害してエネルギー不足により、
毛髪タンパク質ができなくなる疾患です。

もう少し詳しく説明しますと、
体内に存在する男性ホルモンのテストステロンを還元する酵素の
5・α・リダクターゼⅡを体質的に多く持ち合わせているか、
活性の高い人が、毛母細胞で働かせて5・α・ジヒドロテストステロンを
つくり、これが人間のエネルギー発生機構の一番大切な、
ペントースリン酸サイクル代謝調節に重要な、
アデニールサイクラーゼの酵素活性を低下させ、
ATP(アデノシン三リン酸)の産生を少なくして、
その結果、毛髪夕ンパク質がエネルギー不足でできなくなるのです。
結論として男性型脱毛症というのは徐々に毛がつくれなくなる疾患で、
普通へアサイクルが3~5年の周期であるのが、最終的に3~6ヵ月くらいになるため、
短い軟毛(うぶ毛といっています)しかできなくなり、
さらに男性ホルモンの影響で皮脂の分泌も多くなり、頭皮が光って見えるのです。

脱毛症に戻る

Sponsored Link