「福島原発事故による強制避難・自主避難の今を知る」吉祥寺チャリティライブ フクシマを思うシリーズ25


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉祥寺チャリティライブ
フクシマを思うシリーズ25
「福島原発事故による強制避難・自主避難の今を知る」
【日時】2018年11月6日(火) 18:30開場/19:00開演
【出演】お話:熊本美彌子、小島ヤス子/演奏::原壮介(ギター弾き語り)/朗読:金子あい(俳優)
【場所】吉祥寺 光専寺本堂
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-21
(JR中央線吉祥寺駅中央口下車 徒歩8分)
【入場料】一般2,000円/23歳以下無料、全席自由
※入場料の一部は「未来の福島こども基金」等に寄付いたします。
【ご予約・お問合せ】フクシマを思う実行委員会  
電話:090-2474-7911(鎌内)
Fax:0422-55-7351
メール:fkomou@gmail.com
(お名前、ご連絡先、お申込み人数を明記して下さい)
定年後農耕暮らしを求めて東京から田村市に移住した熊本美彌子さんは、3.11以降都内に自主避難。避難の協働センター世話人として「健康に生きる権利」を共助の力で実現しようと国や自治体に対して住宅補償や就労援助など総合的な支援に取り組んでいます。一方、葛尾村から武蔵野市に強制避難している小島ヤス子さんは「キビタキの会」代表として避難者の輪を作り活動しています。帰還促進政策に翻弄される避難者の実態を2人に語って頂きます。そして、詩の朗読と原荘介さんの魅力溢れるギター弾き語りをお楽しみください。

 

吉祥寺チャリティライブ「フクシマを思う」シリーズ